小説『桜』

その日も泣いていた。今日もまた人間が僕に群がっていた。花が咲くのは嬉しいからじゃなく、ただ自然の摂理としてそうなっているだけだ。別に珍しくもないのに、綺麗だねなんて、文化人の皮を被った安い感性の連中が僕を見上げる。自分たちが見ている桜がまさかこんなことを考えているなんて思いもしないだろう。

桜に生まれ変わってから100年が経つ。50年を過ぎたあたりから数えるのをやめてしまったから、確かな数字ではない。100周年記念くらい祝ってやればよかったと思う。人間だった頃は天国や地獄はどんな景色だと考えることもあったが、その答えは死んでみれば簡単なことで、そもそも世界は一つしかなくて、天国ルートか地獄ルートか、生きる道の違いがあるだけだった。今は間違いなく地獄にいた。4月になると飽きもせずヒトの群れがやってくる。そいつらの幸せは僕の不幸で成り立っているんだ。思えばヒトとして生きていた頃も漠然と人間が嫌いだった。同じ人間が血を流していても、取り囲んで写真を撮るような連中に辟易していた。交通事故なんて恰好のエサだ。妻が死んだ時も奴らはきっとそうだった。

桜として何百年生きてもそんな心が改められるわけがない。命の行く先を神様が決めているならそいつはあまり頭が良くない。生前の行いを反省したことは一度もないし、桜になってみて感動する光景を見たこともない。心は動かない。一度だけ、澄んだ眼差しで僕を見上げる少女がいたことを覚えている。その少女は妻の面影があった。もしかすると運命の出会いかもしれない。しかし彼女は二度と僕の前に現れなかった。きっともう、彼女は人間としての生涯を終えているだろう。そう悟った時の感情までも地獄のカリキュラムに含まれているとすれば、随分と酷い地獄が選ばれたと思う。次に生まれ変わったら僕は、全てを忘れて桜を美しいと思えるだろうか?

小説『自己嫌悪』

私は恋をしていた。手を伸ばしても届かないところにいる1人の女性に、私はその手に有り余る感情を抱えて、倒れた。視界の遠くには滲んだ星が見えた。その日だったか、あるいはそれ以降だったか、明確には把握していないが、私は愛の形が視覚的に見えるようになった。初めの頃は楽しかった。街に出ると歪んだ愛も、燻んだ愛も、刃のような形状の愛もあった。あらゆる形の、あらゆる色の愛を見た。けれど澄んだ美しい愛はどこにもなかった。そして自分が持つ愛は、どうしても偽物の愛だった。この能力には大したメリットがなかったから、誰にも言わずにいた。というか、自分の愛が偽物だなんていうことを知られたくなかったのだ。
それから暫くして、私は恋人に会いに行った。滅多に訪れない都会へと足を運んだ。その日も世界は薄汚れた愛で溢れていた。そこに誰よりも美しく鮮やかな愛があったから、彼女を見つけるのは簡単だった。「君の愛は、とてもきれいだね」私は言った。愛する人の愛を認めることが、美しい愛だと思ったから。考える私の愛はいつ見ても偽物だ。

 

突然のことだった。忘れもしない3月7日、人が溢れる渋谷の夕方。私の目には人の愛が見えるようになった。人々の愛はそれぞれで、独特な色や形をしていた。しかしどうしてか真実の愛がそこにないことだけは分かった。私の愛は薄汚れてよく分からない色をしていた。ある日、駅の構内で友人と待ち合わせた時、彼はたったひとり真実の愛を持っていたから、一目で見つけることができた。簡単な挨拶をした後で、友人が紡いだ言葉に私は驚いた。「君の愛は、とても──」理由は分からなかったけれど、途端に涙が出た。私の愛は、弾けて鮮やかな火花になって、涙を拭った後にはもう見えなくなっていた。

ポエム:必要なもの

恋人がいないクリスマスは特別な日でも何でもない。チューハイの空き缶が散乱している一人暮らしの部屋で、ただ1日を過ごすだけだ。けれど街は否が応でも特別になって、いつもより笑顔が増える。それが長く続かないと分かっていても、どうしたって人々は割り増しで幸せそうにしている。

じゃあなんだ、俺もどこかへ出かけてみようかなんて、繁華街は人で溢れているから、山奥へ行って星でも見ようかって、ちょっと特別な日を過ごそうと考える。

同時に、そうやって孤独を満喫したところで、家で寝て過ごすのと変わらない現実がある。クリスマスに1人で山へ向かうような面白人間は、この世界の誰も知られない。多分それを孤独というんだろうけど。

本当は一緒に過ごしたかった誰かを想って、魅力を持って生まれなかった自分を呪って、虚無感と閉塞感で吐きそうになる。『寒いね』って呟いて、冬の冷気だけが『そうだよ』って答える。心を吹き抜ける風と、宙を舞う風の温度が同じで、おまえも孤独なんだなって、地球に話しかけるようなクリスマスを、まあいいやって笑える強さ

どうぶつの森 ポケットキャンプ

どうぶつの森を始めておよそ3日が経った。ほのぼのとした雰囲気に癒されながらも、私は違和感を覚えていた。

今作のどうぶつたちは「こんなオイラのために〜」のようなセリフが目立つ。彼らは友好的で感謝を忘れず、明るく振る舞っているが、そんな中にどこか自己否定的なニュアンスがある。

彼らは物を貰い慣れていない。『欲しいもの』を突然手渡されると、とても驚いたような動作をする。果物1つに対して、通常の買取価格の10倍近い金額とお礼の品をくれる。たった2回『欲しいもの』をあげるだけで、"仲良し度"が上がる、すなわち心の壁が一つ取り払われる。

彼らはコミュニケーションを得意としていない。世間話をしようというと、主人公を褒めるか、プレゼントをくれるか、「しずえのチャレンジがあるよ」と教えてくれるだけだ。話題を1つ話し終えてもう一度話しかけると「ごめんなさい、経験不足で、話せることがないんです」なんて言うどうぶつもいる。自分のキャンプに招いた"仲良し"のどうぶつですら、2度目は世間話をしてくれない。

 

果物1つに対して多すぎるほどのお礼、世間話ができない、1人で"旅"をしているという共通点。そんな彼らの「○○(主人公)のおかげで楽しい」というセリフからは、すなわちこれまでは楽しくなかったのでは?と推測させられる。

彼らはきっと優しすぎたのだ。しかし"どうぶつ"である彼らは、誰からも優しくされなかった。彼らにとって冷たい社会は厳しすぎるものだった。彼らは逃げるように、たった1人で"旅"に出た。まともなキャンプも設営できなければ、虫捕りや釣りや果物を入手する技術もないままで、それでも彼らは旅をして、そして『主人公』に出会った──

それは主人公も同じだった。優しい心を持ちながら、優しい仲間には出会えずに、まともなコミュニケーションを取ることができずに、苦しんで、旅に出た。「世間話をしよう」なんて、口下手だ。「欲しいものある?」って、ぶっきらぼうに訊く。自分と同じか、あるいは自分より弱い立場のどうぶつたちに向けて、ぎこちない優しさを投げかける。それがたとえ人間のエゴだとしても、過ごしやすいキャンプを黙々と作って、どうぶつたちを誘うのだ。

「キャンプにおいでよ!」

9月20日の夢(昼寝)

今まで☆4キャラとしてのうのうと生きてきたが突然魔王(魔王とは言及されていないがそれに類するもの、悪の親玉)を倒さなければならないという使命を与えられ、光/水属性の☆5キャラ(かなり強い)に進化することを迫られた。

 

光/闇属性への分岐進化もあったので悩んだが、奥義の習得時期が早いことと、水分岐の方が魔王に対しより有効になり得るので光/水属性に進化した。

早送りでサクッとレベルが上がってLv20くらいで奥義を覚えて夢が終わった(魔王は登場しなかった)

9月19日の夢(昼寝)

「ちょっと美容に気を遣ってみよう」と思って実際に肌と髪質を改善することに成功した、みたいな前提があっての”自分”だったと思う。夢の中で言及されることはなかったが「そもそもそういうもの」程度に認識していた。

 

場所は何らかの集会場で、面識が殆どない人も含めて数十人が集まっていた。地域の人の集まりとか、そのレベルの集会だったはずだ。そこは畳の部屋で椅子はなく、私は毛布を被っていた。そこで映画か何かを見よう、みたいな集会だったが、本筋とは異なるので映画の内容は描写されていなかった。

 

後ろから二の腕付近を触られた。続いて背中、腹部。触られながら、後ろにいたのは確か40代くらいの痩せたおじさんだったなと思い出していた。手つきは乱暴で、気遣いなどは感じられず、欲望のままということが伝わってきた。息が詰まった。恐怖だった。

服をめくられそうになったので毛布を薙ぎ払って立ち上がった。この夢における自分の設定があくまで『男』で本当に良かったと思う。もしも自分に非力な女の子という属性が与えられた夢だったらどうなっていたか分からない。知りたくもない。

「おれ、男なんだけど」

振り返って、できる限り睨め付けて言った。おじさんは異常者みたいな顔だった(夢の中ではそう認識した。覚えているが誰に似ているかは分からない)。

おじさんは狼狽していた。「何で襲ったの?」私はさらに追い討ちした。地域の人々が集まっているから、評判は間違いなく落ちるだろう。後ろの方では奥様方が顔を見合わせて何か喋っていた。

「女だと思った」

おじさんは言った。女だったら襲っていいわけはないが、男に欲情する趣味はないんだと弁解したかったのだろう。

「髪綺麗にしてるし、前髪整えてるし、間違えてもしょうがないだろ、何なんだよ」

そう言いながら、私に向ける視線は男を見るそれではなかった。

「次やったら殺す」

私はそう言い残して立ち去った。身体は震えていた。鏡を見たけど女らしいとも可愛いとも思えなかった。あのおじさんだけが異常だったのだと信じたかった。

 

私は前髪をめちゃくちゃにして、夢はそこで終わった。

 

 

 

あんまり関係ないけど女の子を触るときは優しく触ったほうがいいな(教訓)