深夜なので性癖の話をします

こんばんは。レポートを書くにあたって『句読点よりもコンマとピリオドの方がカッコよくね?』という理由で、私のPCはそういう仕様にしているので、前回のブログはPCから書き込んだということになります。今回は句読点で失礼します。

 

さて本題なのですが、成人向け動画、ありますよね。敢えて成人向け動画と表記しています。そして早速私の主張なのですが、成人向け動画、概ね下品すぎやしませんか?

やれ妹、上司、痴漢、盗撮、それでええんかと。背徳感が必要なのは分かるが一辺倒すぎないか?と思います。すぐにちんちんを咥えるのも納得がいきません。きたねえべ。

女の子というのはもっと崇高であるべきだと思います。動画は空想の世界であるから、だからこそ余計に。社会に目を向けてみてください、人間は、成人向け動画のプレイ内容よりももっと低俗で汚いです。対して動画は作品であり、あくまでも作られた世界です。そんな世界には、光が射し込む窓際で恥ずかしがりながら服を脱いでいくだけみたいな、そういう美しく高尚なスケベが必要だと思いませんか?

 

一つ断っておかなければならないことがあって、私はあまり成人向け動画を好んでみるタイプではありません。もちろん頻度的な話で、人生単位で累計本数は何本か、というと流石にそれなりには見ているつもりです。セクシー女優はTwitter2chなどで拡散されたり、よく名前が出ている人だけしか知らない、その程度の興味関心だということだけ、前提として分かって頂ければと思います。つまり、この道の専門家の方々から「いいや、そんなことはないぞ」と言われてしまう可能性がある、ということです。ご容赦ください。また、そんなことはないぞと思う方はぜひ美しいスケベな動画をできればURL付きで紹介してください。

それでは、さようなら。